上位表示を可能にするseo対策術!

サイト検索において、上表示を行うことは大きな意味があります。

TOP > ホームページ作成 > ホームページ制作会社 > ホームページ制作のコスト

ホームページ制作のコスト

WEBサイトの種類は、ECサイト、コーポレートサイト、ブランドサイト、ポータルサイトなどがあります。

ECサイトとは、その名の通りEC(Electronic commerce:電子商取引)を行うサイトのことで、多様な商品の販売を目的としています。

コーポレートサイトとは企業の顔となるサイトのことで、顧客、株主、取引先への広報・広告を主な目的としています。

ブランドサイトは、ユーザーを魅了することで企業や商品の存在を印象づけるサイトのことです。ポータルサイトは、検索やリンクを中心にしたインターネットの入り口となるサイトのことです。

それぞれ特徴が違いますので、自分が制作したいホームページはどういうサイトなのか事前に考えておきましょう。

積極的に顧客へ情報提供がしたいが初めてのホームページでどうすれば良いかわからないと言う企業、ホームページはあるが管理コストを抑えたい、seoやスマートフォンに対応したサイトを作りたいと考える企業も多いはずです。

自社で制作するとコストは抑えられますが、専門的な知識を持ったホームページ制作会社にホームページ制作を依頼する方がクオリティの高いホームページができるでしょう。

ECサイト構築に関する改善点を見つけるには

ECサイト構築の評判の良い業者のサービスの内容に関しては、コンピュータ関連の情報誌などに詳しく紹介されることがあります。 そこで、早期にseoやホームページ制作の対策を立てるにあたり、複数の業者の顧客の体験談やコストの支払額などを参考にすることが良いでしょう。

最近では、ECサイト構築に関する改善点については、初心者が把握をすることが難しいため、専門性の高い業者の無料相談のチャンスを活用することがおすすめです。 そして、ECサイト構築の成功事例に目を通しておくことで、短期間のうちに業者選びにコツをつかむことが可能です。

関連コンテンツ

企業用のホームページ制作のポイント

企業用のホームページ制作として最適な形態は、実業の業務内容を紹介するコンテンツと、会社の歴史や理念の紹介と言ったコンテンツを明確に分けるという事です。 特に、seo対策を施したホームページに訪問した顧客の性質は、検索エンジンで使用された検索キーワードが大きく関係しています。

検索エンジンからたどり着く顧客は、事業内容に興味があったり、商品を購入したり、サービスを発注したいという目的でホームページを訪問するケースが圧倒的に多く、会社の歴史や理念をいきなり探る顧客は皆無と言っても過言ではありません。 そんな中で、目的と違うコンテンツを延々と見せられるという事は、せっかくのお客様が訪れても、収益のチャンスを遠退かせてしまう原因となってしまいます。

会社の歴史や理念の紹介と言ったものは、もちろんその存在感に厚みを持たせたり、より愛着を持ってもらうための付加価値として重要なコンテンツとなり得ますが、いま商品を購入したい、いまサービスを発注したい顧客にとっては、緊急を要しない内容です。 実業を目的としたコンテンツと、サイドストーリーを紹介するコンテンツを明確に分け、画面のメニューに道案内と言えるべきインデックスを設ける事で、閲覧者の利便性に適うことを意識したホームページ制作が重要です。

メニュー

TOP seoとは seo大阪 seo対策SEM seo対策 ホームページ作成 ホームページ制作会社 ホームページ制作大阪

ページトップへ戻る